山口拓朗公式サイト

相手の立場に立つって、どういうこと?

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8935.jpg
先日、次のような質問を受けました。
「『相手の立場に立つ』とは言いますが、
相手の立場を理解するのは、
とても難しいことだと思います。
ヘタをすると、
相手の立場に立ったつもり、
つまり、
自己満足で終わってしまう気がします」
たしかに、
相手の立場を理解するのは
簡単ではありません。
というより、
相手の立場を完璧に
理解することなど、
できない、
と思ったほうが賢明です。
だって、
「相手」と「私」は
別人格なのですから。
では、人は、
相手の立場に立つことは
できないのでしょうか?
答えは「できます!」です。
たとえば、
電車で座っているときに、
お腹の大きい妊婦さんが
目の前にやって来たとします。
そのときに
「どうぞお座りください」と
席を譲る人が、
ほとんどではないでしょうか?
それができるのは、
相手の立場に立てているからです。
妊婦さんの気持ちが、
完全に理解できなくとも、
立派に相手の立場に立てているのです。
「相手の立場に立つ」を
「相手の思考を理解する」と考えると
話が難しくなってしまいます。
そうではなく、
「何をすれば相手が喜ぶかを考えること」
それが「相手の立場に立つ」
ということなのではないでしょうか。
聞くとき、話すとき、書くときにも、
「相手の立場に立つ」
という意識は大切です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket