山口拓朗公式サイト

話し上手な方は接続詞を上手に活用している

Pocket

96.jpg
話をするときに、
上手に「接続詞」を活用できている人は、
話の展開が上手な人です。
<説明>
たとえば、つまり、
なぜなら、ただし、すなわち
<結果>
だから、したがって、そのため
すると、よって、要するに
<逆説>
しかし、ですが、ところが
とはいえ、でも、もちろん、が
けれど、だけども、それが
<転換>
さて、ところで、では
ときに、それでは、すると
そこで
<並列・追加>
そして、しかも、なお
それに、さらに、また
それから
<対比>
または、あるいは、ないしは
もしくは、それとも
接続詞というのは
「つなぎ言葉」ですので、
自分で話の先の展開を把握していなければ
使うことができません。
また、接続詞を使うことで、
「次はこっちの方向に話が展開するんだな?」
と聴き手に予測させることができるので、
おのずと話の理解度が高まります。
ここぞというときには、
接続詞を強く発音することで、
<ここからが重要だよ>と
聴き手の注意を自分に向けることもできます。
あえて接続詞をゆくりと言ったり、
接続詞を言ったあとで
間(ま)を空けたりすることで、
よりドラマチックな語りを
演出することもできます。
「○○でー、□□だしー、△△のでー」
という具合に、句点(マル)を挟まずに、
ダラダラと話す傾向の強い方は、
接続詞を上手に使って話す方を
参考にしてみましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket