山口拓朗公式サイト

「心の余裕」ありますか?

Pocket

101.jpg
今日、カフェで仕事をしているとき、
近くにいた見知らぬ子供たちの
あまりのはしゃぎっぷりに、
イラっときた瞬間がありました。
「うるさいなあ」と思ったのです。
しかし、子供たちは、
本当にうるさかったのでしょうか?
「うるさい」かどうかは、
それを受け取る側の気持ちによります。
つまり「うるさいなあ」と感じたのは、
私が“そういう”気持ちだったから、
ともいえるわけです。
じつは今日は、
朝から体調が優れませんでした。
咳も出る、鼻水も出る、のども痛い。
つまり、イラっときていたのは、
自分自身に対してだったのです。
自分がイライラしているから
はしゃぐ子供たちを
受け入れられなかったのです。
人間にとって「心の余裕」は
本当に大切だなあ、と
改めて思い知らされました。
逆にいえば、
人に何かを伝えるときには、
相手にどれくらい「心の余裕」があるか、
そこに注意を払うことも
大事だということです。
たとえば、
上司が部下に仕事の指示をするとき、
その部下に「心の余裕」はあるでしょうか。
もし心に余裕がないようなら、
まずは心に余裕ができるよう
何かしらのアシストをしてあげてもいいでしょう。
そのほうが結果的に
指示が伝わりやすくなるはずです。
「心の余裕」があれば、
物事を受け入れる器は大きくなり、
「心の余裕」がなければ、
物事を受け入れる器は小さくなります。
このことを理解しておくだけでも、
コミュニケーションにおける齟齬やムダを
回避することができるかもしれません。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket