山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/10のうち9を捨てる?

Pocket

127.jpg
「10を集めたら9を捨てる」
ライターや編集者、キャスター、
アナウンサー、リポーターなどであれば、
聞いたことのある言葉でしょう。
取材などで集めた10のうち
8も9も書く(話す)ようでは、
魅力的なアウトプットになりません。
大事なのは、10のうち
8も9も使うことではなく、
それくらいの量を捨てることです。
本当に価値の高い
1、2程度を使ったときに、
魅力的なアウトプットになります。
「9を捨てる」の真意は
「質を上げる」です。
「9を捨てる」ためには、
取材(下準備)に
力を注ぐしかありません。
アウトプットの種類は問いません。
ブログ記事を書くとき、
リポート・論文をまとめるとき、
人前でスピーチをするとき、
企画のプレゼンをするとき、
会議で提案をするとき……などなど。
「9を捨てられる」だけの準備をしておけば、
間違いなく魅力的なアウトプットになるでしょう。
いざというとき(不測の事態)には、
未使用の9が使えるので、
慌てる必要もありません。
「10を集めたら9を捨てる」
アウトプットの極意です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket