山口拓朗公式サイト

子供の質問には即答するな?

Pocket

150.jpg
小さい子供が親(大人)に
何かを訊いてきたときは、
答えではなく、
質問で返すことも大切です。
つまり、
すぐに答えを言わない、
ということ。
「質問で返す」を言い換えると
「本人に考えさせる」です。
たとえば、
「パパ、地球ってどのくらい大きいの?」
と訊かれた場合、
私ならこう答えます。
「ももかは、どのくらい大きいと思う?」
「意地悪いなあ」と思う方も
いるかもしれません。
考えても分からなかったから
質問してきたのかもしれないのに……
確かにそうかもしれません。
でも、いいのです。
もしも親がパっと答えを言ったら、
そこで子供の思考は
止まってしまいます。
大切なのは、
子供の思考の可能性を
切り開いてあげることです。
答えが正しいか正しくないかは
あまり重要ではありません。
それでも
「うーん、考えたんだけど
 分からないんだよなあ」
と子供が答えたら、
「じゃあ、日本の大きさって
 どれくらいなんだろう?」とか
「世界にはいくつくらい
 国があるのかな?」とか
「海と陸ってどっちが広いのかな?」
という具合に、
子供の思考が新たな次元に
移行するような質問をしていきます。
「答え」というゴールには、
できるだけ自力でたどり着いてもらう。
親はそのサポート役なのです。
子供の質問に対して質問で返す
もうひとつ大きな理由は、
「子供とコミュニケーションを図る
 絶好の機会だから」です。
子供と質問のやり取りをしたり、
一緒に答えを考えたりすることで、
おのずと彼らの愛や情操が
育まれていきます。
もしも、
「パパ、地球ってどのくらい大きいの?」
と質問されたときに
すぐに答えを言ってしまったら、
子供の思考が停止するだけでなく、
愛や情操を育む機会まで
逃してしまうことになります。
小学校低学年くらいまでであれば
質問に対して質問で返しても、
あまりムっとされません。
(わが家には小6の娘がいますが、
 今でもムっとはされません)
なぜなら、子供にとっては
思考が動く感覚も、
親とのコミュニケーションも
楽しいものだからです。
子供に何か訊かれたときに、
すぐに答えを言ってしまう。
それは、教育という点において、
大きなリスクかもしれません。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket