山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章を書く前に設計図を書こう!

Pocket

164.jpg
「文章を書くのに時間が
かかってしまいます…」
そんな悩みを抱えていませんか?
書くのに時間がかかるのは、
「考えながら書いている」
からかもしれません。
文章をスピーディに書くには、
「考えながら書かない」ことが肝心。
つまり、文章を書き始めるときには、
自分がどういう文章を書くのか、
頭のなかでイメージができて
いなければならないのです。
住宅の建築と同じです。
「どんなふうに建てようか?」
と考えながら
家を建てる大工はいないでしょう。
家を建て始める前に、
必ず「設計図」を
用意しているはずです。
文章を書くときにも、
設計図を用意しておきましょう。
設計図といっても、
建築ほど厳密である必要はありません。
文章のテーマと切り口、
根拠、結論などを含めて、
大まかな流れが
頭のなかで把握できていればOKです。
全体像がイメージできているだけで、
執筆時間は大幅に短縮できます。
私であれば、
次に書く連載記事のネタは、
隙間時間に考えることがほとんどです。
電車のなか、歩いているとき、
仕事の空き時間、
お風呂に入っている時間、
就寝前の布団のなか……等々。
事前に設計図を用意することで
論旨や考察もグっと深まります。
結果的に、読みやすく、
読み応えのある文章になるのです。
もちろん、書きながら浮かんでくる
考えやアイデアもあるでしょう。
それらは、ディテールの
肉付けに役立てていきます。
「話があっちこっちに飛ぶ…」
「トンチンカンなことを書いてしまう…」
「話の着地点が見つからない…」
という症状でお悩みの方々も、
もしかすると、設計図を用意せずに
家を建てようとしているのかもしれません。
設計図もなしに書き始めると、
書く→考える→書く→消す→
考える→書く→消す→考える……
という非効率的なプロセスを
くり返すことになりかねません。
これでは時間を食うばかりです。
書き始める前に設計図を用意する。
効率よく文章を書く秘訣のひとつです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket