山口拓朗公式サイト

あなたの価値観を誰かに押し付けていませんか?

Pocket

165.jpg
「固執した考え」を捨てることで、
夫婦関係が円滑になりました。
これは私の実体験です。
以前の私は、妻に対して
「女性はこうあるべき」
「妻はこうあるべき」
「母親はこうあるべき」
という価値観を押しつけていました。
狭い価値観に
固執していたのです。
妻は、当然のことながら、
価値観を押しつける私に対して、
抵抗する姿勢を見せました。
その後は……激しい交戦へと発展!
泥仕合の挙げ句、
冷えきった日々を過ごしました。
今思えば、彼女の抵抗は
当然の結果でした。
他人から価値観を押し付けられて
嬉しい人はあまりいないでしょう。
「こだわり」という言葉は
嫌いではありません。
仕事などの面では
強い「こだわり」が
武器になることもあるでしょう。
しかし、「絶対にこうあるべき」
「絶対にこうでなければならない」
という類いの「こだわり」は、
度を超すと「固執」になりかねません。
「固執」とは、
「意見・態度を強固にして、
 簡単に変えないこと」
だそうです(※Yahoo!辞書より)
固執は人の視野を狭めます。
自身の進化・成長を妨げるだけでなく、
固執の枠からはみ出る物事(人)を
排除しにかかろうとします。
もちろん、
その価値観を誰かに
押しつけようものなら、
人間関係に大きな亀裂を
生じさせるでしょう。
かつての私と妻の関係のように。
「自分は何かしらの価値観に
 固執していないだろうか?」
「その価値観を誰かに
 押し付けてはいないだろうか?
人間関係に悩んでいる方は、
いちど考えてみるといいでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket