山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/無意識のうちに留保の「が」を使っていませんか?

Pocket

167.jpg
留保の接続助詞「が」は、
できるだけ使用を控えましょう。
<例文>
わが社では「残業0時間」を
モットーに掲げていますが、
その活動の一環として
「フレックスタイム制」を導入しています。
この文章は、
大きく前後半に分かれています。
前半:わが社では「残業0時間」を
   モットーに掲げています
後半:その活動の一環として
   「フレックスタイム制」を導入しています
つまり、
<例文>の2行目に登場する「が」は、
上記、前後半の文章をつないでいるわけです。
この接続助詞「が」は、
それまでの文章を留保し、
最も大切な判断(結果)については、
「が」のあとに示します、
という意味の「が」です。
接続助詞の「が」といえば、
「横になったが、眠れなかった」
という具合に、
逆説としての用途を
思い浮かべる方がほとんどでしょう。
ですので、<例文>の場合、
「モットーに掲げていますが、」
まで読んだ段階で、
「おっ、モットーに掲げているけれど、
 きっとうまくいってないんだな?」
と想像する方が少なくありません。
ところが、
先を読み進めると、
想像した展開ではなかった……。
「なーんだ」と、
肩すかしを食らった
気分になる方もいるでしょう。
では、このケースでは、
どのように文章を
修正すればいいでしょうか?
<例文の修正>
わが社では「残業0時間」を
モットーに掲げており、
その活動の一環として
「フレックスタイム制」を導入しています。
留保の「が」を使うのではなく、
「○○しており」という表現を用いました。
この文章であれば、
途中で引っかかりを
感じることもないでしょう。
あるいは、次のように、
いちど文章を句点(マル)で
切ってもいいでしょう。
<例文の修正2>
わが社では「残業0時間」を
モットーに掲げています。
その活動の一環として導入しているのが
「フレックスタイム制」です。
無意識のうちに
留保の「が」を使っている方は、
注意するようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket