山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/堂々と文章を書く!

Pocket

199.jpg
路上で歌を歌っていたことがある。
もう20年も前の話だ。
4年もの間、毎週、欠かさず路上に立っていた。
ストリートミュージシャンというやつだ。
「よく路上で歌えるね。勇気があるね?」
よく言われたものだ。
なぜ歌えたのか?
「歌が好きだったから」
それもひとつの理由には違いない。
しかし、私にとっては
次の理由のほうが大きかった。
「堂々と表現したかったから」
日常生活では、
堂々と気持ちを口にできない
歯がゆさがあった。
誤摩化したり、
妥協したり、
奥歯に物が挟まったような
言い方をしたり……。
堂々としていなかったのだ、私は。
だから、
「堂々と表現できる自分」を
路上に求めたのかもしれない。
カッコいい
ストリートミュージシャンと
カッコ悪い
ストリートミュージシャンがいる。
その違いはどこにあるのか?
簡単なことだ。
堂々と表現しているかどうか、だ。
少なくとも私は、
堂々と表現している歌い屋に
心を動かされた。
歌やギターのうまい下手は
二の次なのだ。
きっと文章もそうなのだろう。
人の心を動かす文章は、
堂々と書いているかどうかで
決まるものなのかもしれない。
今日の昼間、妻(山口朋子)と
「心を動かす文章」について
雑談を交わした。
彼女は間違いなく
「心を動かす文章」が
書ける人なのだ。
私はそれを知っている。
「自分の文章のどこが魅力だと思う?」
私は妻に質問した。
彼女はこう答えた。
「覚悟して書いていること」と。
「覚悟」以外に、
彼女はもうひとつ
理由を挙げたが、
そのことについては、
今日は書かない。
なるほど覚悟か——。
その言葉を耳にして私は、
20年前の自分を思い出していた。
ヘタクソな歌を
堂々と歌っていたあの頃を。
いい文章とは、
堂々と書かれた文章なのかもしれない。
覚悟のある文章なのかもしれない。
もちろん、これは、
ひとつの解釈にすぎない。
しかし、真実味のある解釈だ。
忘れかけていたものを
思い出させてくれた妻に感謝☆
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket