山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/メッセージに意外性をもたせよう!

Pocket

200.jpg
「意外性」のあるメッセージは、
読み手の興味・関心を引きます。
<メッセージ1>
ネット選挙の解禁によって
若者の投票率は上がるはず。
↑メッセージは明確でも、
さほど興味を引かれません。
メッセージに意外性がないからです。
<メッセージ2>
ネット選挙が解禁されても、
若者の投票率は上がらないはず。
↑1の意見を王道だとすると、
2の意見は、やや少数派でしょうか。
少し続きを読みたくなります。
<メッセージ3>
ネット選挙の解禁によって、
若者の投票率は下がるはず。
↑若者の投票率が
「上がらない」ではなく
「下がる」と断言しています。
多くの読者が「まさか?」と
思うのではないでしょうか。
筆者がそう断言する理由を
知りたくなります。
1や2よりも
断然興味を引かれます。
<メッセージ4>
ネット選挙の解禁によって、
若者の投票率は下がり、
高齢者の投票率は上がるはず。
↑3のメッセージに、
「高齢者の投票率が上がる」
という「意外性」が加わりました。
「ネット」と「高齢者」が
容易に結びつかないだけに
かなり興味を引かれます。
4つのメッセージのなかでは、
もっとも読みたくなります。
もちろん、
それぞれのメッセージの善し悪しは、
その後に書かれる理由・根拠に
どれだけ説得力があるかで
決まるのでしょう。
しかし、ここで挙げたように、
メッセージの内容次第で
「続きを読みたい気分」に
差が生じるのも事実です。
「正しいこと」
「ありきたりなこと」
「目新しさがないこと」
「誰もが言いそうなこと」は、
さほど読み手の興味を引きませんが、
「意外性」のあるメッセージには、
読み手の興味・関心を引く力があります。
「興味を引く文章を書けない…」
という方は、メッセージに
「意外性」や「目新しさ」を
盛り込んでみましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket