山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「たとえ」のすすめ

Pocket

205.jpg
難しい話や専門的な話を
分かりやすく説明したいときには、
「たとえ」を活用しましょう。
一例を挙げましょう。
「仕事」のやり方について説明するときに、
仕事を「クルマ」に
たとえてみるのはいかがでしょう。
<例文>
時速70キロで走るクルマと
時速100キロで走るクルマでは、
後者のほうが、
早く目的地に到着するでしょう。
ただし、スピードを出す分、
事故を起こす可能性も高くなります。
これは「仕事」にもいえることです。
早く結果を出そうとすればするほど
失敗するリスクも大きくなります。
こんどは
「文章」を「料理」に
たとえてみます。
<例文>
文章は料理に似ています。
いくら調理器具や味付けにこってみても、
あるいは、盛りつけるお皿に凝ってみても、
もともとの素材(題材)が腐っていては、
おいしい料理(文章)にはなりません。
気をつけたいのは、
「たとえ」を活用することで、
かえって内容が
分かりにくくなるケースです。
人生はよく「マラソン」に
たとえられますが、
たとえる先が「ラクロス」
だったらどうでしょう?
おそらく、ラクロスという
スポーツを知らない人は
首をひねってしまうでしょう。
話を分かりやすく伝えることが、
「たとえ」を使う目的だと
肝に銘じておきましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket