山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「 」と『 』の違いとは?

Pocket

221.jpg
「 」(かぎかっこ)と
『 』(二重かぎかっこ)の使い方は、
ご存知でしょうか?
■「 」(かぎかっこ)
◎会話文
例:「ねえ、かあちゃん」
  「なんだい、太郎」
◎映画やテレビ番組のタイトルなど
例:宮崎駿監督の最新アニメ映画「風立ちぬ」の興行収入が〜
例:タモリのご長寿番組「笑っていいとも!」の視聴率が〜
◎強調したい語句
モノの値段が上がり、
お金の価値が下がるのが「インフレ」で、
モノの値段が下がり、
お金の価値が上がるのが「デフレ」です。
■『 』(二重かぎかっこ)
◎会話文のなかで使う会話文
例:「ねえ、かあちゃん」
  「おい太郎! 親に向かって『ばあちゃん』はないだろ」
  「『ばあちゃん』なんて言ってないよ。
   『かあちゃん』って言ったんだよ!」
◎書籍や定期刊行物のタイトル
例:村上春樹の新作長編
  『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
  が話題になっている。
ちなみに、
「 」内の文末には
句点(マル)を打たないのがセオリー。
(一部の文芸作品を除く)
例:×「なんだい、『かあちゃん』って言ったのかい。」
  ○「なんだい、『かあちゃん』って言ったのかい」
また、論文のタイトルなどには、
『 』ではなく、「 」を用いるのが、
一般的なようです。
例:「経済動向と幸福感の因果関係について」(論文)
あくまでも原則ですが、
覚えておいて損はないでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket