山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/本を読めば、文章力が鍛えられる?

Pocket

266.jpg
たくさん本を読むと
文章力がアップする。
この意見に、
私もおおむね同意します。
しかし一体、なぜ本を読むと
文章力がアップするのでしょう?
語彙が増える——
表現の幅が広がる——
文章の展開や構成を学べる——
これらも、たしかに
文章力アップをもたらす
要因かもしれません。
しかし「最大の要因」ではない気がします。
文章力がアップする最大の要因は、
以下の2点ではないでしょうか。
1:他人の思考や感情に気づく
2:他人の思考や感情に気づくことによって、
  自分の思考や感情に気づく
あ、人にはこんな考え方があるんだ!
あ、自分はこんな考え方をしてたのか!
あ、人はこんな感情を持つのか!
あ、自分にはこんな感情があったのか!
なかには、他人の思考や感情に触れることで、
自分の思考や感情に、
初めて気づく人もいるでしょう。
他人の思考や感情に触れることで、
新たな思考や感情が生まれる人もいるでしょう。
他人の思考や感情に触れることで、
もともとあった思考や感情が深まる人もいるでしょう。
いずれにせよ——
「他人の思考や感情に触れる」
という体験こそが
書く能力の養分となるのです。
もしかすると「文章力アップ」ではなく、
「思考力アップ」や「感情力アップ」といったほうが、
言葉としては適切なのかもしれません。
とくに「自分の気持ちを言葉にするのが苦手…」
という方には、読書を強くおすすめします。
「自分の気持ちを言葉にできない」な原因は、
思考や感情を文章化する技術がないからではなく、
そもそも、自分の思考や感情に
“気づいてないから”なのかもしれません。
自分の思考や感情を知る、
つまり、自分の内面と向き合うのに
読書はうってつけです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket