山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「誰が言ったか」が重要!

Pocket

268.jpg
ボロボロのジャケットを着た、
見るからにみすぼらしい男が、あなたに近づいてきました。
男はあなたに耳打ちします。
「今日から1年間、自分が叶えたい夢を毎日ノートに書き続けなさい。
そうすれば、必ずその夢は叶うから」
あなたは、今日からノートに夢を書きますか?
おそらく書かないでしょう。
では、耳打ちしたその男が、
メージャーリーガーのイチロー選手だったらどうでしょう?
あなたは今日から1年間、夢を書き続けるのではないでしょうか。
あのイチロー選手のアドバイスなのですから。
つまり人間は、話の内容の良し悪しに関わらず、
その話を「誰が言ったか」によって「信じる or 信じない」を決めているのです。
わたしたちとて同じです。
会話や文章で人に何かを伝える際には、
「わたしが語るこの話は、相手に説得力を与えられるだろうか」と、
事前によく見極める必要があります。
もしも「自分が話す(書く)だけでは、説得力を与えられそうにない」と判断したときは、
説得力をもたせる補完をすればいいのです。
たとえば、以下のような話を交えれば、説得力は増すでしょう。
1:信頼するに足る人の言葉を引き合いに出す
(イチローも◯◯と言ってるよ、等)
2:権威の言葉を引き合いに出す
(社会学者の◯◯氏が言うにはね、等)
3:実験・調査等で得られた客観的なデータを示す
(実際に1年間書き続けた300人中255人の夢が叶ったんだって、等) 
4:体験者・体現者の例を示す
(私の親友に夢を書き続けて、◯◯な夢を叶えた人がいるのよ、等)
もちろん、「あなたが言うなら信じるよ!」と相手に思ってもらえる位置まで、
自分の「人間力」「発信力」を高めていく努力も必要です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket