山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/書けば書くほど文章がうまくなるってホント?

Pocket

332.jpg
「文章は書けば書くほど、うまくなります!」
「書く量を増やせば、文章はうまくなります!」
 
「文章は書き続けなければ、絶対にうまくならなりません!」
 
「文章がうまくなりたいなら、とにかく書き続けるしかない!」
 
よく耳にする言葉ですが、実際のところは、どうなのでしょうか。
 
書いた量と上達度合が必ず比例するかといえば、答えはノーでしょう。
 
ゴルフで考えてみましょう。
 
いつもボールがスライスするAさんがいたとします。
 
ベテランプレイヤーたちが「ゴルフクラブが開きすぎ!」と
スライスの原因を突き止めたとします。
 
しかし、誰ひとりとして、
そのことをAさんに指摘しなかった場合、どうなるでしょうか?
 
おそらく、Aさんは、数カ月後も、いや、もしかすると数年後も、
以前と同じように、クラブを開いたスイングをして、
ボールをスライスさせているでしょう。
 
自分の悪いクセ(弱点)は、自分ではなかなか見抜けません。
 
Aさんに「クラブが開くクセ」の自覚がなければ、
自分ひとりでスライスの原因を突き詰めるのは、なおのこと難しいでしょう。
 
それどころか、悪いクセのままボールを打ち続ければ、
フォームをより崩す恐れもあります。
 
つまり、ボールを打てば打つほどゴルフが下手になっていくのです。
 
考えられない話ではありません。
 
文章の書き方も、ゴルフの打ち方と同じです。
 
自分の悪いクセを自覚していなければ、
どれだけたくさんの量を書いても、飛躍的な上達は望めません。
 
しかも、文章の書き方の場合、
第三者から悪いクセを指摘してもらえる確率は、
ゴルフよりも何倍、いえ、何十倍も低いはずです。
 
「あなたの文章は、○○が変ですよ」とは、
なかなか言えないものですから。
 
まずは自分で「文章の書き方本」を読むなどして、
ある程度の基本を身につけたうえで、たくさんの量を書く。
これが正しい文章上達法でしょう。
 
基本を身につけた状態でくり出されるクセは、
その人の「らしさ」や「魅力」と呼ばれるものです。
 
そうした「らしさ」や「魅力」は、
基本が抜け落ちた「悪いクセ」とは“似て非なるもの”です。
 
もちろん、自分の悪いクセを指摘してくれる人がいるなら、
どんどん指摘してもらいましょう。
 
自分の悪いクセに気づくことが、文章力強化の第一歩です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket