山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/相手の察知力に甘えるな!

Pocket

337.jpg
「どうだった?」
「おう、異常なし。そっちは?」
「うん、思ったより元気だったよ」
「寄るの?」
「まだ分からない。疲れたし」
「オッケー」
LINEでのやり取り。
このやり取りから、
ふたりが何の話をしているのかが、分かる人はいないでしょう。
しかし、(当然ですが)本人たちには分かっています。
なぜ、本人たちには分かるのか。
それは、事前にお互いの情報を共有しているからです。
夫が病院に検査に行ったことも、
妻がお母さんの様子を見に行ったことも、
その帰りにスポーツジムに寄ろうとしていることも、
すべて分かったうえでやり取りしているのです。
だから、伝わる! のです。
情報だけではありません。
相手が恋人や夫婦、親友であれば、強い信頼関係もあるでしょう。
信頼関係がある場合、相手に甘えることができます。
たとえば、自分が「どうだった?」と、
主語も目的語もない言葉を発しても、
相手が“何を言おうとしているのか”を察知してくれるのです。
しかし、このようなコミュニケーションが成り立つのは、
情報共有がされていて、なおかつ信頼関係ができ上がっているケースに限ります。
仕事(ビジネス)のメールでやり取りをするときなどは、
相手の察知力に甘えてはいけません。
「きっと分かってくれるだろう」と思ってはいけません。
相手は簡単には甘えさせてくれませんし、
簡単に分かっても、くれません。
それどころか、少しでも気を抜くと、
正反対の意味に取られることすらあります。
信頼関係ができ上がっていなければ、なおのことです。
「相手は正しく理解してくれない」あるいは「相手は誤解する恐れもある」。
文章でコミュニケーションを図るときには、これくらいネガティブな前提に立っておく必要があります。
なぜ、あなたの文章が、相手の誤解を招くのか。
相手を傷つけるのか。相手を怒らすのか。
相手に「冷たい人」と思わせるのか。
相手に「うざい人」と思わせるのか。
その原因と改善策を拙著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術
(実務教育出版)に書いています。 ぜひお役立てください。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket