山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/情報の主体をそろえる!

Pocket

339.jpg
文章を書くときには、「情報の主体」をそろえましょう。
【例文1】
A社は高度な加工技術を開発しました。
この技術のお陰で、A社の売上げは、わずか1年で業界1位に。
先日、世界的メーカーB社は、A社と業務提携を結びました。
「情報の主体」がそろっていないため、今ひとつ流れがよくありません。
文章を分解してみます。
A社は高度な加工技術を開発しました。
<↑A社の情報>
この技術のお陰で、A社の売上げは、わずか1年で業界1位に。
<↑A社の情報>
世界的メーカーB社は、A社と業務提携を結びました。
<↑B社の情報>
このように、最後の一文だけA社の情報ではなく、B社の情報が書かれています。
つまり「情報の主体」にバラつきがあるのです。
「情報の主体」にバラつきがあると、
読者の混乱を招きやすく、理解度も下がりやすくなります。
【例文1の修正】
A社は高度な加工技術を開発しました。
この技術のお陰で、A社の売上げは、わずか1年で業界1位に。
先日、A社は、世界的メーカーB社と業務提携を結びました。
この修正文であれば、流れがスムーズです。
【例文2】
今夜のうどんは激ウマだった。うちの母ちゃんが、そのうどんを作った。
【例文2の修正】
今夜のうどんは激ウマだった。そのうどんを作ったのは、うちの母ちゃんだ。
読みやすいのは、情報の主体を「うどん」でそろえた修正文のほうではないでしょうか。
意味が通じても、流れが悪い文章は、読み手に喜ばれません。
伝わる文章を書きたいのであれば、「情報の主体」をそろえるようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket