山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/意味が重複する言葉は削ろう!

Pocket

349.jpg
意味が重複する言葉は削りましょう。
 
【例文1】
彼のスピーチは、子供たちの心に感動を与えた。
 
「感動」は「心」でするものなので「心」は削ってOK。
 
【例文1の修正】
彼のスピーチは、子供たちに感動を与えた。
 
【例文2】
こま目に連絡を取り合って、よく情報交換をしています。
 
「こま目に」とあるので、そのあとで「よく」と書かなくてOK。
 
【例文2の修正】
こま目に連絡を取り合って、情報交換をしています。
 
【例文3】
自分が文章を書いているとき、私は「読む人の気持ち」を意識して文章を書いている。
 
「文章を書いている」が二度登場するので、後者の「文章を書いている」は削ってOK。
 
「自分」と「私は」も重複。「自分」は、なくても意味が通じるので削ってOK。
 
【例文3の修正】
文章を書いているとき、私は「読む人の気持ち」を意識している。
 
【例文4】
そういうルールを勝手に決めるということは、スタッフの士気を下げることだ。
 
「こと」が二度続くため、読みにくく感じられます。
 
【例文4の修正】
そういうルールを勝手に決めると、スタッフの士気を下げかねない。
言葉(言葉の意味)の重複が多いと、読む人に「くどい」と思われてしまいます。
なくても通じる言葉はできる限り削って、簡潔で分かりやすい文章を目指しましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket