山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/子供の書く作文は、良さを見つけて褒めるべし!

Pocket

350.jpg
以下は、小学校低学年くらいの子供が書きそうな作文です。
 
<例>
きょうは、朝おきて、それから、学校にいって、べんきょうして、
やすみ時間におともだちとあそんで、それから、家にかえって、
それから、こんどはピアノのレッスンにいきました。
くたびれたけど、楽しかったです。
 
子供の文章にありがちな、
一日の出来事を順に追った「時系列」型の文章です。
 
皆さんが親なら、この文章を書いた子供に、
どんな言葉をかけますか?
 
「もう少し表現を工夫しなさい」
「もう少し具体的に書きなさい」
「もう少しエンピソードを絞りなさい」
「もう少し自分の気持ちを書きなさい」
 
いろいろ言いたいことはあるかもしれません。
しかし、それらの言葉はグっとのみ込んで、まずは褒めなければいけません。
 
褒めるところがない?
 
そんなことはありません。
 
一日の出来事を時系列で把握して、しっかりと書いているじゃありませんか。
こんなスゴいことは、人間にしかできません。
そのことひとつをとっても、十分に褒めるに値します。
 
「くたびれたけど、楽しかったです」という文章も論理的で素晴らしい。
「けど」という逆説をしっかりと使えています。褒めてあげたいポイントです。
 
もしも、この作文を書いたのが小学校3、4年生だったら、
いいところを褒めたあとで、何かひとつくらいアドバイスをしてもいいかもしれませんね。
  
「お友達と何して遊んだのか、ママ知りたいなあ~。
次に書くときは、もう少し詳しく教えて」とか。
「ピアノのレッスンでは、先生からどんなことを言われたの? 
ママに教えてほしいなあ」とか。
 
難しいアドバイスではなく、さり気なく小さなステップを踏ませる。
そんなアドバイスができれば理想です。
 
この時期の子供たちに「もっと自分の気持ちに目を向けなさい!」
などと言っても、子供たちは混乱するだけです。
 
何が自分の気持ちなのか、
それすら分かっていない子だってたくさんいるのですから。
 
この時期の子供たちには、なにはともあれ
「書くことの楽しさ」を味わわせることが大切です。
 
楽しさを味わわせるには、親や先生を含め、大人たちが、
子供たちの作文のなかに良さを見つけてあげる必要があります。
そして、その良さを褒めてあげなければいけません。
 
褒めるポイントは必ずあります。
「褒めるポイントがない」というのは、子供のいいところを見ようとしない、
大人の怠慢にすぎません。
 
くれぐれも、低中学年の子供たちに、
次のような言葉をかけてはいけません。
 
「なんでこんなことしか書けないの?」
「もっときれいな字で書きなさい!」
「こんな作文じゃ、ママ恥ずかしい」
「意味がよく分からない」
「くだらないことを書かないで」
「もっとよく考えて書きなさい」
「ちっともうまくならないじゃないの!」
 
こういう「大人都合」な言葉が、
子供たちの才能の芽を摘むのです。
 
小学校の小中学年くらいというのは、
書く楽しさを知る時期です。
 
というか、大人たちがサポートしながら、
「書く楽しさ」に気づかせる時期です。
 
書き方についての細かいアドバイスをするのは、
中学生になってからでも遅くありません。
 
小学生のときに「書く楽しさ」を味わった子供の文章力は、
その後、グンと伸びるでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket