山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/メール文章に求められる「察する力」

Pocket

353.jpg
社会人の必須能力のひとつに「察する力」があります。
 
こと文章作成においては「読み手が何を欲しがっているか」を
察する力が、極めて重要です。
 
たとえば、メールでは——
 
「相手が自分とどんなコミュニケーションを図りたがっているか?」
 
「相手は自分に何を伝えたがっているか?」
 
「相手は自分に何をしてもらいたがっているか?」
 
——という具合に、相手の気持ちを察する力が求められます。
 
もちろん、他人の気持ちを察するのは簡単ではありません。
 
察する気持ちが強すぎて失敗することもあるでしょう。
 
だからといって、相手の気持ちを察する努力をやめてしまえば、
誤解やトラブルを招くリスクは高まる一方です。
 
では、メールのやり取りをする相手の気持ちを察するには、
どうしたらいいのでしょうか。
 
ひとつ有効な方法が、相手のメールを「よく読む」ことです。
 
メールの文面には、書き手の人柄や気持ち、
コミュニケーションのスタイルなどが如実に表れています。
 
「文は人なり」とは、よく言ったものです。
 
その人の気持ちを文面から読み取ることができると、
より快適なコミュニケーションが図れるようになります。
相手にとっても、自分にとっても。
 
その結果として、相手から好意や信頼、
期待を寄せてもらえるようになります。
 
もっと言えば、自分が望む最良の結果を出せるようになります。
 
誰かとメールでやり取りするときには、
存分に「察する力」を発揮しましょう。
相手に寄り添う気持ちが大切です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket