山口拓朗公式サイト

No.39「ペイ・フォワード【可能の王国】」

Pocket

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  
 銀幕をさまよう名言集!  No.39  2008.12.2発行 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


2000年/アメリカ 「ペイ・フォワード【可能の王国】」より
主人公は、中学1年生のトリバー少年。
学校の授業で出された課題は、
「世の中を良くするためには何をしたらいい?」
というものだった。
トレバーは、
ひとつのアイデアを思いつく。
<ペイ・フォワード>。
それは、“人から受けた親切を別の人へ回す”
というものだった。
トレバーは黒板に図を書いた。
1人が、3人の人間に親切な行いをし、
それぞれ親切を受けた人間が
さらにまた別の3人に、
親切な行いをするという図を。
この計画を実践してから数ヶ月後、
トレバーのもとに、
ひとりの記者がたずねてくる。
トレバーが考案した<ペイ・フォワード>は、
いつしか、地元のラスベガスをはなれ、
遠くロサンゼルスにまで広がっていたのだ。
記者はそのルーツをさかのぼり、
最後にトレバーにたどりついたのである。
テレビカメラを前に、
トレバーはインタビューを受ける。
トレバーは、
<ペイ・フォワード>のエピソードのひとつとして、
アル中だった自分の母親が、
祖母と仲直りしたことを例に挙げた。
母親が試みた<ペイ・フォワード>は、
“嫌っていた祖母を許す”というものだった。
    「ママは勇気があった」
と、トレバーは母親を褒めたたえた。
一方でトレバーは、
<ペイ・フォワード>をすることの難しさについても、
素直な気持ちを語った——
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「でも……なかにはとても臆病な人たちもいる。
     変化が怖いんだ。
     本当は世界は……
     思ったほど……
     クソじゃない。
     だけど、日々の暮らしに慣れ切った人たちは、
     よくないことも、なかなか変えられない。
     だから、あきらめる……。
     でも、あきらめたら——負けなんだ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★☆
シンプルに物事を考え、
人のためになることを、
粘り強く、優しさをもって実践していく。
そうすれば、世の中はきっとよくなる。
少年トレバーは、そう信じている。
ただ、多くの人間は、
大人になるにつれて、
シンプルな思考と行動を手放し、
問題を複雑にしてしまう。
自分たちの勝手な思い込みによって。
強欲、悪意、偏見、自意識、憎悪……、
問題を複雑化させる因子はさまざまだろう。
気づいたときには、
人に親切になれない、
あるいは、
親切になろうとしても、
勇気をふり絞ることのできない
自分になっているのだ。
    「日々の暮らしに慣れ切った人たちは、
     よくないことも、なかなか変えられない」
勇気なき者たちに、
トレバーは、そう苦言を呈す。
人に親切になれない、
あるいは、
勇気をふり絞ることのできない人間から脱却するためには、
とにかくシンプルに物事を考えることだ。
シンプルな思考は、
その人から、物事を複雑化させている因子
(強欲、悪意、偏見、自意識、憎悪……等)を取り除き、
物事の核心をとらえる目を養ってくれる。
核心が見えたら、
あとは、その核心に背かないように、
優しさと勇気を持って、
行動するだけでいい。
あきらめずに。
粘り強く。
そうすれば、
状況(世界)は、少しずつ変わっていくだろう。
物事をシンプルに考え、
親切心と勇気を持ち、
あきらめなければ、
    「世界は……
     思ったほど……
     クソじゃない」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記             
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この映画の味わいは、
なかなか文章では表現しきれません。
ひとりの少年が、
世の中を良くするために何ができるかを本気で考え、
それを実践していきます。
現実の壁に跳ね返されながらも、
強い意志をもって、
体当たりをくり返します。
特筆すべきは、彼の善意が自己満足な押し付けではなく、
その人の身になって物事を考えている点です。
こう書いただけでは、
単なる美談かと思う人もいるかもしれませんが、
本作「ペイ・フォワード【可能の王国】」は、
物語をハッピーエンドでは終わらせていません。
衝撃的なクライマックスが、
この世の不条理を浮き上がらせ、
スクリーンの空気を一瞬にして暗転させるのです。
でも、その真っ暗闇のなかに、
トレバーが生み落とした善意が、
希望の光となって現れるのです。
次から次へと。
間断なく。
哀しみと希望をオーバーラップさせながら、
物語は静かに幕を下ろします。
あまりの余韻の深さに、
しばらく恍惚となる人もいるでしょう。
「善意」というものを、
「弱さ」というものを、
「暴力」というものを、
そして、「希望」というものを、
考えさせられずにはいられません。
オススメの1本です。
**********************************
■銀幕をさまよう名言集! No.39「ペイ・フォワード【可能の王国】」
マガジンID:0000255028
発行者  :山口拓朗
●公式サイト「フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE」
http://yamaguchi-takuro.com/
**********************************

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket