山口拓朗公式サイト

動画教材リリース!「月に25万円稼ぐWEBライターになるための『文章の書き方ベーシック講座』」

Pocket

kouza20160630

「現役ライター」および「ライター志望者」向けの動画をリリースしました。

 

【リリース記念】15分の無料動画視聴ができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://shingari.jp/writerworks/

 

インターネットの目覚ましい発達によって、
誰でも簡単にライターになれる時代が訪れました。

 

名刺に「ライター」と肩書きを載せて、
依頼された記事をWEB上で1本でも書けば、もう立派なプロです。

 

私がフリーライターとして独立した2002年当時と比べると、
この業界への参入障壁はグっと下がりました。

 

当時は出版社のツテをたどるか、あるいは、
出版社に飛び込み営業に行くか
——くらいの選択肢しかありませんでした。

 

本当に恵まれた時代になったものです。

 

しかも、ライターが急増したにも関わらず、
まだまだ(原稿の)需要過多&(原稿を受けるライターの)供給不足が続いています。

 

そう、ライターの人数が足りていないのです。

 

もしも、あなたが文章力に自信をもっていて、
「筆一本」で食べていきたいと考えているなら、
プロのWEBライターを目指してみてはどうでしょうか。

 

挑戦できる時代なのですから。

 

ただし、現実はそう甘くはありません。

 

ライターの数が足りていないにも関わらず、
毎月コンスタントに「食べていけるだけの原稿料」を得ている人は、
ほんのひと握りしかいません。

 

なぜだか分かりますか?

 

それは、原稿のクオリティが低いからです。

 

いえ、カッコいい記事を書けとか、
美しい文章を書けとか、そういうことではなく、
「読む人に伝わる文章を書く」という根本的なレベルに達していない。
殘念ながら、そういうライターがあまりにも多い。

 

プロとして文章を書くということがどういうことか、
まったくわかっていない方も少なくありません。

 

それでは、クライアントが仕事を任せられるはずがありません。

 

一度や二度はお試しで原稿執筆の発注が来ても、
「使えない」と思われたら、その先は二度とありません。

 

ライター不足のうえ、使えるライターがいない……。

 

これが現実です。

 

私自身、このいかんともしがたい状況を変えるお手伝いができないだろうか……
と長い間、考え続けてきました。

 

そして、このたび「writer works」を運営する
「株式会社しんがり」にサポートいただき、
「現役ライター」&「ライター志望者」向けの動画をリリースしました。

 

それが「月に25万円稼ぐWEBライターになるための
『文章の書き方ベーシック講座』」です。

 

講座36本、全3時間48分の動画のなかに、
WEBライターとして身につけておくべき基本を凝縮しました。

 

プロとして食べていくには、最低25万円の収入を得たいところです。

 

実は、月に25万円を稼げる人は、
勢いに乗ってすぐに50万円までいくケースが多いです。

 

なぜなら、仕事は優秀なライターに集中するからです。

 

「優秀なライター」と「そうでないライター」の二極化が生まれています。

 

どうせやるなら、前者を目指さなければ意味がありません。

 

なんと、本教材の全講座(36本)を視聴した方には(希望者のみ)、
「株式会社しんがり」から仕事の発注がいくという大特典付きです。

 

ライティングの基本が学べて、そのうえ、仕事ももらえる。

 

文句なしのオファーではないでしょうか。
真剣に取り組めば、初期投資は原稿料ですぐに回収できるはずです。

 

この教材が目指しているのは、
コンスタントに月25万円の収入を得るプロライターの育成です。

 

よく「文章は書けば書くほどうまくなる」と言いますが、
私はその意見に懐疑的です。

 

正しくは、「基本を身につけてさえいれば(!)、
文章は書けば書くほどうまくなる」です。

 

ぜひ、この教材で基本を身につけてください。

 

「月に25万円稼ぐWEBライターになるための『文章の書き方ベーシック講座』」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://shingari.jp/writerworks/

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket