山口拓朗公式サイト

参議院議員・自民党の有村治子/「総理大臣の体力温存は、国家的課題」

Pocket

2004.8.20
先進国リーダーの中で「権限が最も少なく、拘束時間・仕事が最も多い」と揶揄される日本の総理大臣ですが、山積する重要課題を前に日本の舵取りに責任をおい、決定的に重要な判断を下さねばならない宰相を疲れきっておかせておくことは、日本の将来的な国益を考えれば、実はとても怖いことであり、ゆゆしきことだと思います。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket