山口拓朗公式サイト

作家の熊谷達/直木賞&山本周五郎賞受賞作『邂逅の森』について

Pocket

2004.8.28
自分の手で動物を殺し、食べる。これが「生きている」ということ。都会の多くの人は生き物を殺している、という実感はないが、間接的には誰かが殺してくれており、尊い命を頂いていることには変わりない。この感覚を、今の人は忘れてしまっている。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket