山口拓朗公式サイト

ミュージシャンの細野晴臣/こころの四季

Pocket

2004.9.16
僕は「響き」が音楽で一番肝心だと思っています。響きとは空気を伝わり、振動していく音響のこと。楽器が持ついい音、人が聴いて感じる音——その場でいい音を響かせたい。どんないい曲でも響きが忘れられているとダメです

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket