山口拓朗公式サイト

作家の小池真理子●エッセイ「ページの中に自分の足跡」

Pocket

2004.9.18
本は読まねばならないのではなく、どうしようもなく「読んでしまう」もの「読まされてしまうもの」ではないか、と私は思う。自分ではない他者、異国の見知らぬ誰かが考え、悩み、時には絶望の淵から這い上がってきて、紡ぎ上げ、形にして見せてくれた精神の風景は、いずれ劣らず、何と貴重なことだろう。
※ ※ ※ ※ ※
本の中のたった一言、たったひとつの文章が読む者を救うことがある。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket