山口拓朗公式サイト

フリージャーナリストの椎名篤子/児童虐待シンポジウムにて

Pocket

04.12.20
生後五、六か月まで親からサッカーボールのように扱われた子供が、里親に引き取られた後に初めて笑ったのは十歳の時。心から安心して笑うのに十年かかるほど心の傷は深いんです。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket