山口拓朗公式サイト

小説家の福井晴敏/日刊スポーツのインタビューにて

Pocket

05.2.20
思い込んでいるとカレー味でも甘く感じちゃう。それほど人間の味覚はいい加減なものなんです。「この本はこうに違いない」と思って読むと、そう書いてあるように読んじゃう。人間って分かりたいことしか、分かろうとしないので。「右」と「左」についても、2つしかないと思っている人にとっては、「真ん中の道もあります」と見せても、「何をばかなことを」と思うだけ。右も左も完全に役立たずの状態から育った我々からしたら、「何でいつまでも両極なんだ」と。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket