山口拓朗公式サイト

作家の石田衣良/エッセイ「空は、今日も、青いか?」

Pocket

05.2.28
勝ち組み負け組みと簡単に人をふたつに分けて、浅いところでわかった顔をする時代になってしまった。大企業であるか、中小企業か。ホワイトカラーか、ブルーカラーか。年収やボーナスが同世代の平均以上か、以下か。線引きはどんどん細かく、世知がらくなっていく。無数に引かれた線で区切られた狭い場所に、ほんとうにぼくたちはうまく収まるものだろうか。


※ ※ ※ ※ ※
人間はゴミではないのだ。人は誰でも、ある部分で勝ち、別な部分で負ける。どれほど強運で才能に恵まれた人でも、必ず失うものがある。また逆に、すべてを失ったという人にだって、輝くような時間はきっとやってくる。
※ ※ ※ ※ ※
未来は誰にも予想できない。ぼくたちは、今をいきいきと生きること以外はなにもできないのだ。自分のいる場所でベストを尽くし、大切ななにかを守る。ぼくたちは勝ち組みでも負け組みでもなく、ひとりだけで一度きりの人生を生きるのだ。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket