山口拓朗公式サイト

神田昌典/著書「非常識な成功法則」

Pocket

2008.10.30
 このように「乗らないと損と思える提案」は、会いたい人に会うために即効性がある。しかも金がかからない。
 「机を挟んで交わす賢者と交わす一回の会話は、一ヶ月かけて本を読むのに値する」という中国の諺がある。自分のレベルを超えた人に出会うことで、まるでクリックされたかのように目の前の世界が変わる。
 それが実現できるかどうかというのは、手紙を出す、メールを出すという一瞬の行動、そして「私は成功者と肩を並べるに値する」という自覚で決まっている。
※ ※ ※ ※ ※
 「うわあ、こんな高飛車な営業をしていたら、お客がいなくなるよ」 
 まだあなたも不安に思うだろう。
 いなくなって下さい。構わんです。
 なぜなら、逃げるお客を説得し、価格競争に突入するのは、人生を辛くするだけだから。多くの会社は、値段を下げて、火の車になって潰れる。それだったら、値段を上げて、優良な少数のお客と取引するほうが楽。
 同じ潰れるなら、苦しく潰れるより、楽して潰れるほうがいい。
 私は忙しくて死ぬぐらいだったら、楽してソファーの上で死ぬことを選択する。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket