山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「長い修飾語」は先、「短い修飾語」はあと

Pocket

先日、分かりやすい文章を書くために「修飾と被修飾の距離を近づけよう」という記事を書きました。
今日も文章について、ひとつ大事な原則をお伝えします。
それは「長い修飾語」を先、「短い修飾語」をあとにもってくるというものです。
<例文>
そこにいたのは、20代の化粧を厚く塗ったアメリカ人だった。
なんとなく「ん?」という感じになりますね。
「20代の化粧」……ああ、若者向けの化粧品を使ってるということか。
と思う人もいるかもしれません。
ところが実は「20代の」は、「化粧」ではなく、「アメリカ人」を修飾しているのです。
つまり「20代の」と「化粧を厚く塗った」が、どちらも「アメリカ人」を修飾している文章というわけです。
例文では、「短い修飾語」が先、「長い修飾語」があとにきて、
20代の化粧を厚く塗った
となっていました。
これを「長い修飾語」を先、「短い修飾語」をあとにもってくる、の原則にあてはめて修正してみます。
化粧を厚く塗った20代の
はい、これで本当の意味が見えてきました。
正しい文章でもう一度見てみましょう。
そこにいたのは、化粧を厚く塗った20代のアメリカ人だった。
これなら「ん?」とはならないはずです。
もちろん、すべての文章にこの原則が当てはまるわけではありませんが、何か意味が伝わりにくいなあ、と感じたときには、「長い修飾語」が「短い修飾語」よりあとにきていないか、文章をチェックしてみましょう。
追記
今回の例文は、修飾語の長さによる語順に焦点を絞って説明しましたが、下記のような原則もあてはまります。
原則:<節>(1個以上の述語を含む複文)を先にして、<句>述語を含まない文節=文の最小単位)をあとにする。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket