山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/会話文の使い方

Pocket

文中に会話文を盛り込むと、活き活きとした場面描写が可能になります。
会話文にはいろいろな形態がありますが、今回は独白風の会話文を挿入する方法をご紹介します。
独白というのは、要するに「ひとり言」ですので、自分以外の登場人物が出てこなくてもOKです(ブログで日記を書くときに使えますヨ)。
<例文1> 
きのう食べた担々麺は、史上最高に辛かったです~。ひと口食べた瞬間、あまりの辛さに飛び上がってしまい、そのまましばらく悶絶していました(汗)。
<例文1に独白風の会話文を挿入>  
きのう食べた担々麺は、史上最高に辛かったです~。ひと口食べた瞬間に「辛い!」と飛び上がり、あまりの辛さに、そのまましばらく「うぐぐぐぐ~」と悶絶していました(汗)。
会話文を挿入することで、場面の臨場感がアップしたと思いませんか?
<例文2>
サッカー日本代表がパラグアイにPK戦で負けた。勝敗が決した瞬間、とても寂しい気分になりました。と同時に、選手たちへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。
<例文2に独白風の会話文を挿入>  
サッカー日本代表がパラグアイにPK戦で負けた。勝敗が決した瞬間、「もうこのメンバーでのサッカーを見ることができないのかあ…」と、とても寂しい気分になりました。と同時に「最高のプレー、最高の結束力を見せてくれてありがとう!」と、選手たちへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。
いかがでしょう?
会話文があるとないとでは、受ける印象が大きく違うと思います。
会話文の挿入の仕方は簡単です。<「△△△△△△△」と>というかぎ括弧を加えるだけです(△には話し言葉を入れてください)。
かぎ括弧内の文章(△)を書くときのポイントは、ありのままの気持ちを話し言葉で書くことです。そのほうが文章が活き活きします(照れや謙遜は禁物です)。
独白風の会話文が挿入されると、それまで抽象的だった文章が具体的なものへと変化します。すると、読者の共感率、感情移入率が飛躍的に高まります。
文章が淡白で抽象的になりがちという方は、ぜひ独白風の会話文をお試しください。読者の反応がガラリと変わるはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket