山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/主格・主語の省略に気をつけて!  改訂1

Pocket

日本語では、主格・主語を省略するケースが少なくありませんが、省略したことで、意味が分かりにくくなるとしたら本末転倒です。
<例文>
剛くんがガリガリ君の食べ過ぎでお腹を壊し、夜のお祭りに行けなくなってしまった。一緒にお祭りに行く人がいなくなってしまった宏志くんはご立腹だったが、お腹が治ったその日に下痢になってしまった。
上記の文章ですが、正しく理解できましたか?
1番目のセンテンスは問題ないと思います。
ところが、2番目のセンテンスの意味がよく分かりません。
「お腹が治った」のが、「宏志くん」のようにも読み取れます。
また、「下痢になってしまった」のが、「剛くん」なのか「宏志くん」なのかも、この文章でははっきりしません。
意味が分からなくなった最大の原因は、「お腹が治った」や「下痢になってしまった」という述語に対応する主格・主語が省略されているからです。
2番目のセンテンスに、正しく主格・主語を盛り込むと、次のようになります。
<例文の修正>
一緒にお祭りに行く人がいなくなってしまった宏志くんはご立腹だったが、剛くんがお腹が治ったその日に、こんどは自分が下痢になってしまった。
これで意味が伝わったと思います。
やみくもに主格・主語を盛り込めばいいというわけではありませんが、意味を伝えるうえで不可欠な主格・主語については、省略してしまわないように気をつけましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket