山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/冗長な文章の原因「〜が」

Pocket

一文が長い文章は、あまりいい文章とはいえません。
文章が長くなる原因のひとつが、接続助詞「が」の使いすぎです。
「が」については、一度記事を書いたことがあります。↓
「文章の書き方/「~が、」の功罪」
上記の記事でも、結果を先延ばしにする留保の「が」について書きましたが(←この「が」がそうです)、留保の「が」とは、要するに、ふたつの句をつなぐだけの「が」のことです。
ひとつの文中で二回以上使うのは、避けたほうがいいでしょう。
<例文>
今回のオーディションは最終選考までいったが、ライバルが強敵ぞろいのため、結果が出るまでに時間がかかっているが、10名の審査員は口をそろえて「選考が難航している」というが、さすがに絞り込みも最終段階に入っているだろう。
この<例文>では「~が、~が、~が、~」と「が」が3回も使われています。
読者にダラダラした印象を与えるうえ、結論が先延ばしされているために、要点がつかみづらくなっています。
明らかに「が」の使いすぎです。
修正したいと思います。
<例文の修正>
最終選考までいった今回のオーディションは、ライバルが強敵ぞろいのため、結果が出るまでに時間がかかっている。10名の審査員は口をそろえて「選考が難航している」という。だが、さすがに絞り込みも最終段階に入っているだろう。
一文が三分割されて、読みやすくなったと思います。
一つ目の「が」は、「最終選考までいった」と「今回のオーディション」の順番を逆転させることで、排除することができます。
二つ目の「が」は、もっとも必要のない「が」といえるでしょう。「が」の代りに句点(マル)を打てばOKです。
三つ目の「が」も、二つ目同様に、「が」の代りに句点(マル)を打てばこと足ります。
ただし、三つ目の「が」は、逆説の意味を含んでいますので、句点のあとに「だが」という逆説の接続詞を使いました。
もしも、この三つの「が」のうち一つだけ残すとしたら、逆説の意味をもつ三つ目の「が」を残すべきでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket