山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/過去形は乱発するな!

Pocket

文中に「~した」「~だった」のような過去形を乱発しすぎると、幼稚な文章になってしまいます。
<例文>
僕は10年ぶりに母校を訪れた。校舎は建て替えられていて、当時の面影はなかった。授業と授業の合間に友達とたむろした噴水広場も、一面芝生に姿を変えていた。寂しかった。大切な思い出を誰かに勝手にむしり取られたような心境だった。でも、仕方なかった。諸行は無常なのだから。
<例文の修正>
僕は10年ぶりに母校を訪れた。校舎は建て替えられていて、当時の面影はない。授業と授業の合間に友達とたむろした噴水広場も、一面芝生に姿を変えていた。寂しい。大切な思い出を誰かに勝手にむしり取られたような心境だ。でも、仕方あるまい。諸行は無常なのだから。
過去形(青字)は6個→2個に減りました。
このように、たとえ過去の出来事について書いた文章であっても、現在形(赤字)が使えるケースはたくさんあります。
<例文の修正>では、大きな状況を説明する文章に過去形を用いています(「訪れた」「姿を変えていた」)。
一方、小さな状況の説明や心理描写には現在形を用いています(「面影はない」「寂しい」「心境だ」「仕方あるまい」)。
いかがでしょう?
かなり読み易く(大人っぽく)なったと思います。
「幼稚な文章になりがち…」という方は、過去形を乱発しすぎてないか、注意しましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket