山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/印刷推敲で文章力を鍛える!

Pocket

文章力を鍛えたい方は、文章を印刷して推敲することをオススメします。
私も、仕事で書く原稿は、必ず印刷します。
そう、パソコン上ではなく、印刷された文字で推敲を行うのです。
なぜ、印刷するといいのでしょう?
それは、第三者視点が生まれるからです。
パソコンに打ち込んだ文章を、パソコン上で読む。このときの脳は「書き手」としてのままです。
どれだけ「別人になったつもりで読むゾ!」と意気込んでも、「書き手」の意識が完全に消えることはありません。
一方、印刷した文字であれば、純粋に「読み手」として読むことができます。
事実、パソコン上で推敲をして「完璧だあ!」と思っても、紙に印刷されたものを推敲すると赤字(修正)だらけになることも少なくありません。
不思議なもので、印刷された文字に対しては、「他人が書いた文章である」という意識で向き合えるのです(おそらく脳のトリックなのでしょう)。
印刷するのは手間ですが、ほんのひと手間で、「書き手(=筆者)」から「読み手(=校正者)」に変身できるのですから、なんともありがたい話です。
第三者視点で推敲することで、パソコン上では気づかなかった欠点やアラ、間違いが見えてきます。
書く→印刷して読む→赤字(修正)を入れる→直す→再び印刷して読む……という作業をくり返すうちに文章の精度が高まります。
このくり返しが習慣化されると、メキメキと文章力がついていきます。
印刷するのは面倒くさいよ~!という方は、書き終えたあと、しばらく時間をおいてから見直すといいでしょう。
見直すまでの時間が長ければ長いほど「書き手」の意識が薄まっていきます(ただし、印刷推敲と比べると、その効果は微々たるものです)。
印刷推敲のもうひとついいところは、さほど時間をおかなくても第三者視点が得られる点です。
修正した文章を再び印刷するときは、フォント(書体)を変えてみるのもいいでしょう。ちょっとした変化ですが、新鮮な気持ちで文章と向き合えます。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket