山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/相手に行動を促したいときは「否定文」ではなく「肯定文」で書こう!

Pocket

相手に何か明確な行動を促したいときの指示は、「否定文」ではなく、「肯定文」で書きましょう。
<例文1>
電気とクーラーを消さずに、部屋を出ないで下さい。
<例文1の修正>
電気とクラーを消してから、部屋を出て下さい。
<例文2>
ふたを緩めたまま、容器をふらないでください。
<例文2の修正>
ふたをしっかりと締めてから、容器をふってください。
<例文3>
食べ切れないものは、注文しないでください。
<例文3の修正>
食べ切れる分だけ注文してください。
<例文4>
靴のまま入らないでください。
<例文4の修正>
靴をスリッパに履き替えてからお入りください。
<例文5>
あなた、いつまでも寝てないで!
<例文5の修正>
あなた、早く起きてください!
もちろん、何かを“させない”ための忠告・警告・指示であれば、否定文で書いても構いません。「この部屋に入ってはいけません」という具合に。
ただし、何か明確な行動を促したいときに、否定文で伝えようとすると、受け手が理解しづらくなります。誤解を招いてしまうケースもあるでしょう。
たとえば<例文4>の「靴のまま入らないでください」という言葉の意味を考えた場合、靴を脱ぎさえすれば、素足で入ってもOK、という捉え方もできると思います。
しかし、書き手の目的は「スリッパで入ってもらう」ことです。だとしたら、「靴をスリッパに履き替えてからお入りください」と肯定文で書いたほうが、相手に誤解なく伝わるはずです。
具体的な行動を促したいときの指示は「肯定文」で書く。人に何かを依頼をするときも同じです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket