山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章にタイトルをつけるといい?

Pocket

「書いているうちに、あっちこっちに話が飛んじゃうんです」という方は、自分の文章にタイトルをつけてみましょう。
話が飛ぶ最大の理由は、書きたいことが明確になっていないからです。
どうぞタイトルをつけてから、書き始めてください。
すぐにタイトルがつけられれば、書きたいことが明確になっている証拠ですし、うーむ、と腕組みしてしまう方は、書きたいことが明確になっていない可能性があります。
この記事を例に取るなら、記事タイトルは「文章にタイトルをつける?」としました。今回は特別に「話が飛びがちな方、ぼんやりしがちな方へ」というサブタイトルもつけました。
このようなタイトルを入れることで、書く姿勢にブレがなくなります。つい余計なことを書きそうになっても、グっと踏みとどまることができるのです。タイトルが羅針盤の役割を果たしているからにほかありません。
タイトルをつけるのは、書きたいことを明確にするためのです。ですので、そのタイトルを実際に記載したり、公表したりしなければいけない、ということであはありません。
タイトルをつける習慣が身につくと、書きたいことが明確になります。あっちこっちに話が飛ぶケースも減るはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket