山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/ムダな言葉は削ろう!

Pocket

余計な言葉を盛り込みすぎると、読みにくい文章になります。できるだけ“ぜい肉”を削ぎ落として、簡潔で分かりやすい文章を目指しましょう。
<例文1>
佐藤部長はとても過密スケジュールで動いているため、とりわけ、プロジェクト関係者とじっくりミーティングをしている時間がない。だからこそ、それなりにメールを活用して、時間の効率化を図っているわけだ。
不要な言葉を削ってみます。
<例文1の修正>
佐藤部長は過密スケジュールで動いているため、プロジェクト関係者とじっくりミーティングをする時間がない。だから、メールを活用して、時間の効率化を図っているのだ。
余計な言葉を削る(短縮する)だけで、ずいぶん読みやすくなりました。
削ったのは、
「とても」(←なくても支障を来さない)
「とりわけ」(←なくても支障を来さない)
「こそ」(←強調する必要がない)
「それなりに」(←なくても支障を来さない)
の4つです。
短縮したのは
「している」→「する」
(状態表現よりも行動表現のほうが適している)
「わけだ」→「のだ」
(とくに理由を強調する必要がなければ)
の2つです。
文章を書き終えたら、余計な言葉が盛り込まれていないか、よく見直しましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket