山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文は人なり

Pocket

「文(ぶん)は人なり」
フランスの博物学者ビュフォンの言葉で、文章を見れば書き手の人となりがわかる、という意味です。
たとえば、 同じラーメンを1万人が食べたとします。その感想を200文字で書いてもらうとします。 一文字もズレることなく、誰かと同じ文章を書き上げる人は、おそらくひとりもいないでしょう。
文章に違いをもたらすポイントには、次のようなものがあげられます。
1:感じ方の違い(感性・思い)
2:視点の違い(切り口・論点)
3:言葉の選び方の違い(アプローチ・表現)
4:言葉の並べ方の違い(構成・展開)
もちろん、この4つは大別にすぎません。これら4つの項目から、さらに細かい項目が、枝分かれしていきます。枝の数は数十本、あるいは数百本にも及ぶでしょう。
え~、そんなに! と思うかもしれませんが、だからこそ、1万人に同じ条件で感想文を書かせても、 ひと組として同じ文章にはならないのです。
さすがに「文章=書き手の全人格」 とは言い切れないでしょうが、ビュフォンの言う「文(ぶん)は人なり」は 言い得て妙だと思います。
あなたの文章にはあなたが宿る。 善くも悪くも。大切なのは、その前提を知っていることと、プラスに活かすことではないでしょうか。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket