山口拓朗公式サイト

大事なことを伝えたいときは「間(ま)」を利用しよう!

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8916.jpg
大事なことを
相手に伝えたいときは、
「間(ま)」を
利用しましょう。
オレは君が好きだ。
ではなく、
オレは君が <間> 好きだ。
と話したほうが、
相手に強く印象づける
ことができます。
それぞれ色の違う
ビーズ200個のなかから、
赤いビーズを見つけろ、
と言われたら、
数秒、あるいは数十秒ほど
時間がかかるでしょう。
しかし、周りにひとつも
ビーズがなければ、
瞬間的に赤いビーズを
見つけられるはずです。
あたり前ですよね。
そこには赤いビーズ
しかないのですから(笑)
「間」 というのは、
要するに、
そういうことです。
大事な言葉の周りから
余計な言葉を取り除き、
大事な言葉ひとつの
状態にすることです。
そこには
その言葉しかないため、
相手が聞き逃すことは
ありません。
聞き逃すどころか、
心に強く刻みつけられるのです。
【間がない話し方】
オレはおっちょこちょいで、
寂しがりやで、
人一倍、嫉妬深い人間だけど、
君のことが好きだ。
【間がある話し方】
オレはおっちょこちょいで、
寂しがりやで、
人一倍、嫉妬深い人間だ。
<間>
だけど、
<間>
君のことが好きだ。
皆さんには、
どちらの話し方が
心に響きますか?
ここぞというときのひと言は
相手が「あれ、どうしたのかな?」
と思うくらい
長く「間」をとるといいでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket