山口拓朗公式サイト

生命科学者の柳澤桂子

Pocket

2004.6.23
「私たちは、自分たちが先天的に残虐性を持っているという考えに恐れを感じる。……けれども、ほんとうに残虐性を持つことが証明されたら、それをただ否定するだけではなく、この事実を素直に受け入れて、理性でこの未開な感情をコントロールすることを考えなければならないのではなかろうか」

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket