山口拓朗公式サイト

細美武士(ELLEGARDEN)/ブログ日記

Pocket

2008.9.30
昔から大切にしてるルールがある。上の階に上がるために必要なことは、エレベーターを探すことでも、ヘリコプターを手配することでもない。目の前にある階段へ、まずは一歩を踏み出すことだ。上の階はたまにちらっと見る程度でいい。常に粛々と、次の一段へ足をかけていけばいい。周りがいくら「階段で行くのー??間に合わないよー?」とか声をかけても。間に合うかどうか考えて立ち止まってたら、間に合わなくなっちゃうかも知んないじゃん!
いわゆる「才能」なんてもんは後から言われるだけのもの。本当の才能は、外界の騒音とは無関係に日々情熱的に没頭できる能力のことだ。

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket