山口拓朗公式サイト

No.4「ブロークン・フラワーズ」

Pocket

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  
 銀幕をさまよう名言集!  No.4  2008. 1. 20発行 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


2005年/アメリカ 「ブロークン・フラワーズ」より
COOLな映像美と音楽と間合いで、
独自の世界を作り上げるジム・ジャームッシュ監督の
小さなロードムービー。
主人公は、かつて多くの美女と浮世を流した中年男のドン。
ある日、突然送られてきた差出人不明の手紙で、
19歳になる自分の息子が存在することを知ったドンは、
手紙の差出人とまだ見ぬ息子の情報を得ようと、
かつての恋人たちに会うための旅に出る。
ドンの突然の来訪に、女性たちの反応はさまざまであった。
歓迎する者、すっかり変わってしまった者、怒りをあらわにする者……
ドンは複雑な思いを抱えたまま旅を終える。
そんな物語のラストシーン。
地元に戻ってきたドンは、ある若い男の旅人に声をかけて、
サンドイッチをごちそうする。
ドンは彼のことを、自分を捜しに来た息子に違いないと思ったのである。
若い旅人はドンにたずねる。
      「(ボクのような)旅する男に、
       何か哲学的な助言みたいなものはある?」
ドンは少し思索したのちに、口を開いた。
     「そうだな……
      過去はもう終わってしまった。
      未来はまだこれからどうにでもなる。
      だから、大事なのは——
      つまり……
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                
      現在だ。                  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
それは、ドンが旅を終えて得たひとつの答えだったのだろう。
過去の良き日に会えるかもと淡い期待を寄せながら
かつての恋人たちのもとを訪れたが、
結果、そこで目にしたものは、恋の残片のようなものばかりであった。
人は過去には戻れない……。
そんな気持ちが彼に、“現在”の大切さを言わしめたのだろう。
加えて言うなら、
その若い旅人がもし本当にドンの息子であるならば、
生涯独身を貫いてきたドンにとっては、
実に感慨深いことである(とその顔に書いてある)。
わが子に、せめてひと言、父親として、
何か大切なことを伝えなければ、と思ったとしても不思議ではない。
      大事なのは——つまり……現在だ。 
この言葉を、ドンの思いに重ね合わせて訳すならば、
「振り返ったときに“むなしい”と感じるような過去を作るんじゃないぞ」
というメッセージである。
「オレみたいにさ」と。
プレイボーイに身を任せて、“現在”をないがしろにしてきたドンが、
過去の良き日を失った末に、大事にしろと語った“現在”。
そのギャップに込められたアイロニーが、物悲しさを誘う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記             
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
セリフ(言葉)ではなく、
間合いで、空気で、仕草で、態度で、人間を表現する。
ジム・ジャームッシュという映画作家は、
そういうことに長けています。
言葉は、ときに気まぐれで、ウソもつくけど、
間合いや、空気や、仕草や、態度というのは、
なかなかごまかせないもの。
間合いで、空気で、仕草で、態度で、人間を表現する、というのは、
ある意味、理にかなった演出方法なのかもしれません。
彼の作品に「コーヒー&シガレッツ」(03年)という
会話にフォーカスした異色の短編集があります。
会話のやり取りはもちろんおもしろいのですが、
実はこの映画でも、間合いや、空気や、仕草や、態度が、
セリフ(言葉)以上に重要な役割を果たしています。
実験的な作品なので、万人にオススメはできませんが、
ジャームッシュらしさがよく出ている1本だと思います。
************************************
■銀幕をさまよう名言集! No. 4「ブロークン・フラワーズ」
 
マガジンID:0000255028
発行者  :山口拓朗
●公式サイト「フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE」
http://yamaguchi-takuro.com/
************************************

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket