山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/レビューは具体的に書こう

Pocket

本や映画や音楽、グルメ……等々
レビュー(評論)を書くときには、
「抽象的→具体的」という流れを
意識しましょう。
<例文>
ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』は、
とても素晴らしい作品でした。
とくにアン・ハサウェイをはじめとする
俳優陣の歌が最高で感動しました。
↑意味は通じますが、
「素晴らしい」「最高で」「感動しました」
という抽象的な言葉だけが並ぶため、
レビューとしては物足りません。
おそらく、読む人の頭には、
どう素晴らしかったのだろう?
どう最高だったのだろう?
どんな感動だったのだろう?
という疑問が浮ぶことでしょう。
<例文の修正>
ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』は、
とても素晴らしい作品でした。【←抽象的】
運命の荒波にのみこまれていく
登場人物の心情がリアルに描かれており、
冒頭から引き込まれました。【←具体的】
とくに感動したのが、
人生の機微と喜怒哀楽を
エモーショナルに表現した
俳優陣の歌声です。【←やや抽象的】
ときに力強く、ときに繊細に、
感情に身をまかせるままに歌われる魂の歌声は、
セリフで語る以上に饒舌で、
胸に迫るシーンの連続でした。【←具体的】
圧巻はアン・ハサウェイ扮するシングルマザーが
絶望のなかで悲壮な心情を響かせるシーン。
ひとり娘を想う親心に自分の姿が重なり、
こぼれる涙を止められませんでした。【←具体的】
いかがでしょう?
「素晴らしい」「最高で」「感動しました」
という抽象を掘り下げて書くことで、
<例文1>のレビューよりも、
この映画に対する印象が
大きく変わったと思います。
「ひとり娘を想う親心に自分の姿が重なり、
 こぼれる涙を止められませんでした」
という具合に、
自分自身の率直な感想を書いた点も、
レビューとしては高得点です。
他人の受け売りや一般論ではなく、
自分自身の感想や体験、分析を交えながら、
物事を掘り下げて書いていくと、
具体的で質の高いレビューになります。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket