山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「書いては消す」をくり返していませんか?

Pocket

書いては消す。書いては消す。そんな文章の書き方をしていませんか?
「それって私のことだ!」という方は、書いているそばから、いちいち文章を修正せずに、まずは一度、最後までザっと文章を書き上げるといいでしょう。
絵を描くときに、キャンバスの端から、少しずつ完璧に仕上げていく人はほとんどいないと思います(いたら天才でしょう)。
99%の方が、全体の構成やバランスを意識して大雑把な下描きをしたうえで、全体を仕上げていくのではないでしょうか。
文章にも同じことがいえます。初めからいい文章を書こうと思うと、なかなか筆が進みません。「書いては消す」のくり返しとなり、ムダな時間がすぎていきます。
ですので、書きたいことが決まったら、細かいことは気にせずに、まずは最後まで一気に書き上げましょう。
一気に書き上げたあとは、推敲を重ねて、文章の精度を上げていけばOKです。
プロの作家やライターの原稿を見たことのある人は少ないと思いますが、彼らの原稿は「赤ペン(修正用)」で常に真っ赤に染まっています(笑)
しかし、彼らは(私もですが)それを恥ずかしいとは思っていません。なぜなら、一度でいい文章が書けるとは思っていないからです。
「文章は磨き上げていくもの」ということが分かっているので、いきなり細部に完璧を求めるような書き方をしないのです。
いい文章が書けないとしたら、それは「磨き上げる」という意識が、欠けているからかもしれません。
「磨き上げる」習慣を身につけるためにも、まずは一度、最後までザッと文章を書く。そういう書き方を心がけてみましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket