山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/読みづらい文章の元凶は「一文の長さ」にあり

Pocket

137.jpg
インターネット上で、
「読みづらい文章」を見つけました。
そのままの引用はよろしくないので、
内容に手を加えてご紹介します。
(文章の構造だけ残しています)
<文章A>
自分を大事にするということ、守るということは、自分のことを、何事に対しても責任を取らなくてもいい、誰かがなんとかしてくれるだろうと思考を停止させることではなく、あらゆる事象の原因が自分自身にあることを認め、人生に対する全責任を自分で負うことが大切です。
↑読みづらい原因は
いくつかありますが、
なにはさておき「一文が長い」
ことが元凶でしょう。
まずは全体の構造を
整理してみましょう。
(※不要な言葉は一部カット)
冒頭の主語
「自分を大事にするということ、守るということは」
には、以下の2つの文が対応します。
1:何事に対しても責任を取らなくてもいい、誰かがなんとかしてくれるだろうと思考を停止させることではない
2:あらゆる事象の原因が自分自身にあることを認め、人生に対する全責任を自分で負うことです
一文に上記1、2を一緒に
盛り込んだのが<文章A>です。
この1、2を独立させるだけで
かなり読みやすくなるはずです。
<文章Aの修正>
自分を大事にするということ、守るということは、何事に対しても責任を取らなくてもいい、誰かがなんとかしてくれるだろうと思考を停止させることではありません。あらゆる事象の原因が自分自身にあることを認め、人生に対する全責任を自分で負うことです。
最後に、
ナカグロ(・)と鍵カッコを使って、
もう少しだけ読みやすくしましょう。
自分を大事にする・守るということは、「何事に対しても責任を取らなくてもいい」「誰かがなんとかしてくれるだろう」と思考を停止させることではありません。あらゆる事象の原因が自分自身にあることを認め、人生に対する全責任を自分で負うことです。
読みやすくなったと思います。
一文が長くなればなるほど
読み手の理解度が下がりやすくなります。
一文を短くまとめて、
読み手に余計なストレスを
与えないようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket