山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章を書く前にメッセージを絞ろう

Pocket

153.jpg
文章を書くときには
メッセージを絞りましょう。
たとえば、
この連載で「文章上達法」について書くとき、
毎回、メッセージはひとつに絞っています。
「主語と述語を連動させましょう」
というメッセージに絞ったら、
それ以外の文章上達法——
「一文は短くしましょう」
「修飾語と被修飾語は近づけましょう」
「読点は意味を考えて打ちましょう」
「主語の省略に気をつけましょう」
「語調を統一しましょう」
——などは盛り込みません。
盛り込むメッセージが
多くなればなるほど
メッセージが分散して、
読む人の印象に残りにくくなります。
仮に、クルマの広告文を書くとしたら、
「価格」「安全性」「環境性」
「走行性」「燃費」「室内空間」
「機能性」「高級感」「ボディフォルム」
「アフターサービス」「車検」「税金」
……消費者に訴求するポイントを
絞ってから書くべきでしょう。
あれもいい、これもいいでは、
結局、特徴が薄れてしまうのです。
文章を書く前に、
盛り込むメッセージを絞る!
漠然とした状態で
書き始めてしまう方や、
書いている途中で
話があちこちに飛びがちな方は、
とくに意識しましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket