山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章と会話の決定的な違いとは?

Pocket

156.jpg
相手から面と向かって
「おまえは本当にバカだな」
と言われたとします。
あなたはどう思うでしょう?
おそらく、
相手がその言葉に込めた気持によって、
感じ方は変化するでしょう。
たとえば、相手が自分に
軽蔑・侮蔑の表情を向けていれば、
ショックを受けるかもしれません。
腹が立つかもしれません。
一方、親しみを込めて、
あるいは、茶目っ気たっぷりに
こちらを見ていたらどうでしょう?
おそらく、
「おまえは本当にバカだな」という言葉を
笑って受け流せるのではないでしょうか。
「ホント、俺ってバカなんだよな〜」
と自虐コメントを返す余裕すら
あるかもしれません。
前者と後者の違いは、
相手の「表情」や「声色」(=本音)の違いです。
つまり、人は言葉の内容よりも、
その「表情」や「声色」から
発言者の本音を読み取っているのです。
ところで……。
文章はどうでしょう?
書き手の「表情」や「声色」は
読み取れますか?
「表情」も「声色」も読み取れません。
当然といえば当然です。
そこに書き手本人は
いないのですから。
仮に、届いたメールに、
「おまえは本当にバカだな」
とひと言だけ書かれていたら
あなたは戸惑うはずです。
冗談なのかな?
本気なのかな?
判断がつきかねるでしょう。
文章を書く難しさはそこにあります。
(おもしろさも、そこにあるわけですが)
つまり、「本音」や「真意」を
文字化・文脈化する必要があるのです。
あなたは、
あなたの「本音」や「真意」を
文字化・文脈化できていますか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket