山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/記事を読まれるかどうかはタイトル次第!

Pocket

548264_523422441037334_1012375161_n.jpg
記事タイトルを工夫しなければ、
ブログ記事は読んでもらえません。
たとえば、クリスマスの日に
ブログ記事を投稿するとします。
「今日はクリスマスです!」

「わが家にサンタが来ました!」
というニュアンスの
タイトルを付ける方は
少なくありません。
しかし、こうしたタイトルでは、
なかなか記事本文を
読んでもらえないでしょう。
(書き手の友人や知人であれば
 読んでくれるかもしれませんが)
では、以下のような
タイトルならどうでしょう。
「サンタに見放されたクリスマス…」
↑ええ〜、どういうこと? と引きつけられる。
「クリスマスに扇風機?」
↑ミスマッチな意外性
「息子にバレたサンタの正体!」
↑やっちゃった感丸出し
「あけましてクリスマス」
↑へえ? 何が書いてあるか気になる。
「サンタ泥棒!」
↑楽しそうなエピソードか書かれていそう。
「こんなクリスマスは、もうごめん!」
↑おお失敗談か? と興味をもつ
「ベテランサンタが職場放棄?」
「ずさんすぎるサンタ」
↑気になる
「サンタではなく、サタンが来た……」
↑かなり気になる
「サンタが犯した3つのミス」
↑もっと気になる
「イマドキのサンタ事情。マンションへはどう侵入する?」
↑「たしかに!」的な
「サンタクロースの年収はいくら?」
↑知りたすぎる!
「『サンタさんに直接お礼を言うの!』と1時まで起きていた4歳児」
↑タイトルで結論を言い切る
「クリスマスイブ前日に希望プレゼントを変えた娘……」
↑あるある!的な
「サンタがパパだと知った18歳の冬」
↑おいおい、遅いよ!的な
「サンタさんのプレゼントを開けた娘の表情が凍り付いたワケ」
↑え、大丈夫?的な
「サンタはなぜ“ひげ”をたくわえているのか?」
「トナカイの鼻はなぜ赤いのか?」
↑知識欲にアプローチ
「サンタ業界に新星登場?」
↑なんだなんだ?的な
「もしも、サンタがサラリーマンだったら?」
↑書籍タイトル風すぎるけど……気になる
 オチは「だって実際、パパはサラリーマンだもの」
 でどうでしょう(笑)
少しやり過ぎたかもしれません(汗)
ですが、単純に
「今日はクリスマスです!」
「わが家にサンタが来ました!」
と書くよりは、
記事本文を読みたくなったのでは
ないでしょうか?
もちろん、タイトルは、
記事本文と連動している
ことが前提です。
さあ、では練習してみましょう!
今日はクリスマスです。
あなたは、
ブログ記事を読んでもらうために、
どんな記事タイトルをつけますか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket